スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二のライブに行ってきました。

先日、小沢健二のライブ「ひふみよ」に行ってきました。

最後に小沢健二のライブを観たのは1996年、それまでは毎回何度もライブに足を運んだものです。

ということは今回約14年ぶりのライブだった訳です。

感想は一言でいうと「嬉しかった」。
本当に「よかった!」というよりも嬉しかったライブでした。

『愛し愛されて生きるのさ』という曲の詩の中に

「ふてくされてばかりの10代をすぎ、分別もついて歳をとり
夢から夢といつも覚めぬまま、僕らは未来の世界へ駆けてく」

という詩がある。
でも今は、分別のつかない人が沢山いて、それが人を傷つけるわけで、
上っ面な言葉を責任も持たずに、
薄っぺらな人間関係が当たり前になって、それがなんだか楽に楽しく生きれる手段のようにも感じるわけで、

そんな時代だからこそ、今回の小沢健二のライブは嬉しく思えたのです。
小沢健二が僕らの前から姿を消して10年以上、ニューヨークにいるだとか、エコ活動に没頭しているだとか、
そんな話をネット上で見るくらいで、

あんなに仲の良かったスチャダラやソウルセット、HICKSVILLE、スカパラ、岡崎京子、
数えたらきりがないんだけど、その人たちと合ったとか、そんな話もどこにも出てこなかった、

だから本当に何か考えることがあって離れてしまったのかと、
でもそれが今回のライブで皆が集まって、観に来た小沢健二の友達もみんな喜んで、
本当に特別なライブだったように思う。

こも空白?の時間に何があったのか、何も無かったのかは、もうどうでもよくって
みんながまた小沢健二と一緒の時間を過ごせたことが何だか嬉しく思いました。

そんな場所に参加できたことは本当に嬉しかったです。
この世の中も「捨てたもんじゃないなって」本当に思いました。

薄っぺらな人間関係が当たり前になってしまっている世の中でも
本当の人間関係も築くことはできて、
それは何年経っても壊れなくって、しかも他の人に大切なことを伝えていける訳で、

今回のライブは、ただの音楽のライブでは無くて
「人と人の関係とは何か」ということを教えてもらった気がします。

ちょっと何を話したいのか分からなくなりましたが、
本当に思う事が沢山ありました。
ただ要するに「嬉しかったわけです」







スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

本当に良いライブだったんですね。

自分は足を運べなかったけど、
このエントリーを読んで嬉しくなりました。
小沢健二を好きで良かった。

Re: 本当に良いライブだったんですね。

本当に素敵な時間でしたよ。
あんな気持になったライブは初めてでした。

> 自分は足を運べなかったけど、
> このエントリーを読んで嬉しくなりました。
> 小沢健二を好きで良かった。
プロフィール

texfarm inc.

Author:texfarm inc.
「沖縄が本来持っている魅力を再発見し、
新しく生まれてくる魅力を発見、
提案していく」という理念の元発行され
るフリーペーパー!
と言ってはみたものの、最近ん何も再発
見していないことが発覚!
でも問題ありません、Mogmogは自由
なのです。
伝えたい事はなんでしょう?
自分たちでも迷走していますが、
もう垂れ流し状態で連発中!
1つ言えることは確実に編集部は
地味で負け組な数人で製作中!
でも解りました!
Mogmogは
沖縄初のオピニオンフリーペーパーになるのです。
「うちの子にかぎって2」第9話で全ての物事を
判断します。



Mogmog編集部PV公開中!
↓↓↓

twitter
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。